八尾市の不動産売却では様々な手数料や書類が必要

八尾市で不動産売却をする際には、様々な手数料の支払いや書類を準備しておく必要があります。

ここでは、不動産売却で一般的に準備が必要となる税金などの費用と手数料、必要書類を説明しますので、不動産売却をする際のご参考になさってください。

不動産売却で一般的に必要となる税金などの費用や手数料の内訳を紹介

不動産は売る時も買う時も様々な手数料が必要になり、不動産売却時には、仲介手数料や抵当権抹消登記費用、印紙税などの税金がかかります。

仲介手数料は、不動産売却を依頼した不動産会社に対して支払う手数料です。仲介手数料は売却金額によって変動し、200万円以下の部分は売却価格の5%、200万円超~400万円以下の部分は売却価格の4%+2万円、400万円超の部分は売却価格の3%+6万円になります。

不動産売却で住宅ローンを繰り上げ返済した場合には、ローンの返済と返済に伴う手数料が金融機関により発生する場合があります。不動産売却をすると、買主との間で売買契約を締結することになりますが、売買契約書を作成する際には印紙税の納付が必要です。また、不動産の売却価格が購入時の価格よりも高額だった場合は、不動産譲渡所得税がかかります。

その他の費用として、引越代やリフォーム・クリーニング代、土地境界確定測量費用などがかかる場合があります。

不動産売却の事前準備は一般的に何が必要か

不動産売却では、重要事項説明書や権利証などの書類を事前に準備しておくことが必要です。重要事項説明書は不動産を購入した際に、不動産会社の宅地建物取引士が交付する書類です。物件の所在など物件情報を確認できる書類の一つでもあるため、不動産売却時に慌てないようにするためにも事前に探しておきましょう。

権利証は不動産の所有者であることを第三者に証明できる大事な書類です。平成18年以前は登記済権利証でしたが、現在は電子化によって登記識別情報になっています。戸建住宅の場合は、土地と建物で権利証が2通あるケースがあるため確認しておきましょう。

登記簿謄本も必要になりますが、登記簿謄本は電子化により登記事項証明書になっています。最新のものは法務局で申請すると取得できます。戸建住宅と土地の場合は公図・測量図が必要になり、マンションは購入時に交付された図面が必要です。それと、固定資産税納税通知書も必要になってきます。

このように、不動産売却の際には様々な手数料や費用が必要になり、事前に複数の書類を準備しておく必要があります。八尾市での不動産売却を株式会社コニケンにご依頼いただきますと、不動産売却時に必要な税金や手数料、書類をわかりやすくご説明いたします。

不動産売却を検討している方は株式会社コニケンにご相談を

会社名 株式会社コニケン
住所 〒547-0011 大阪府大阪市平野区長吉出戸7丁目13−2
TEL 06-6704-0052
FAX 06-6704-0053
メール konishi@koniken.co.jp
営業時間 09:00~18:00
代表者 小西 健太
料金の目安 ご相談に関する費用は発生しません。不動産の売買が成立した場合、国土交通大臣の定める報酬額規定による報酬のみいただきます。尚、当社買取の場合、上記仲介手数料は発生いたしません。
免許番号 宅建建物取引業 大阪府知事(1)第59958号
業務内容

不動産の売買、賃貸、仲介及び管理

不動産の買取業

不動産専門分野による業務

(任意売却・相続・土地の有効活用・収益不動産・借地権・底地権・所有権持分等)

リフォーム工事請負業

損害保険代理店業

前各号に関するコンサルティング業務

前各号に附帯または、関連する一切の業務

所属団体

一般社団法人大阪府宅地建物取引業協会

公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会

URL https://k-koniken.com/
PAGE TOP