不動産売却に必要な媒介契約とは?

大阪市平野区でマンションや戸建てなどを不動産売却して現金化を検討中の方は、株式会社コニケンへご相談ください。

不動産売却して現金化する際には、不動産会社との媒介契約が必要です。媒介契約には、一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約の3種類があります。それぞれの違いや特徴をご説明するので、しっかり把握しておきましょう。

一般媒介契約の特徴

不動産売却をする場合、不動産会社に仲介を依頼することになりますが、一般媒介契約だと、複数の不動産会社に仲介を依頼することが可能です。それと同時に、ご自身で売却活動をすることも可能な契約になります。チラシを作って配布したり、親戚で買主を見つけたりといったことも可能です。

複数の不動産会社に仲介を依頼したとしても、仲介手数料は成功報酬のため、買主を見つけてくれた不動産会社だけに支払うことになります。

しかし、一般媒介契約は不動産流通機構(レインズ)への登録義務がなく、不動産会社は販売状況報告をする必要もないため、活発な販売活動が期待できない可能性があるのです。制限の少ない契約ですが、なるべく早く買主を見つけたい場合は不向きと考える場合もあります。

専任媒介契約の特徴

専任媒介契約は、1社だけと媒介契約を結べるものです。

例えば、株式会社コニケンと専任媒介契約を締結すると、お客様は他の不動産会社と媒介契約は締結できなくなります。しかし、専任媒介契約の場合、お客様ご自身で売却活動をすることは自由です。専任媒介契約を締結した不動産会社は、契約後7日以内に不動産流通機構(レインズ)に登録しなければならず、依頼者に対して14日に1回以上、売却活動の状況を報告する義務があります。

レインズに登録することで、売り物件の情報が全国の不動産会社に流れるため、効率的な不動産売却ができるようになるのです。

専属専任媒介契約の特徴

専属専任媒介契約は、専任媒介契約と同様に、契約できる不動産会社は1社だけになります。

専属専任媒介契約の大きな特徴は、お客様ご自身での売却活動ができなくなることです。もし、お客様ご自身で買主を見つけた場合でも、契約を締結した不動産会社に仲介を依頼する必要があります。また、レインズへの登録も契約から5日以内が期限で、お客様への状況報告も7日に1回以上になります。

他の2つの契約に比べ制限が増えますが、不動産会社にとっては必ず仲介手数料が手に入る、かつ報告義務があるため、より積極的に販売活動を行ってくれるのです。不動産をなるべく早く売却して現金化したい方は、専属専任媒介契約がおすすめと考える場合もあります。

大阪市の平野区で営業する株式会社コニケンは、不動産売却のご相談も対応可能です。地域に根差した不動産業者として、お客様の不動産売却のサポートをさせていただきます。平野区周辺で不動産売却を検討中の方は、お気軽にお問い合わせください。売却の対象がマンションでも戸建てでも、ご相談いただけます。

不動産売却を検討中なら!

会社名 株式会社コニケン
住所 〒547-0011 大阪府大阪市平野区長吉出戸7丁目13−2
TEL 06-6704-0052
FAX 06-6704-0053
メール konishi@koniken.co.jp
営業時間 09:00~18:00
代表者 小西 健太
料金の目安 ご相談に関する費用は発生しません。不動産の売買が成立した場合、国土交通大臣の定める報酬額規定による報酬のみいただきます。尚、当社買取の場合、上記仲介手数料は発生いたしません。
免許番号 宅建建物取引業 大阪府知事(1)第59958号
業務内容

不動産の売買、賃貸、仲介及び管理

不動産の買取業

不動産専門分野による業務

(任意売却・相続・土地の有効活用・収益不動産・借地権・底地権・所有権持分等)

リフォーム工事請負業

損害保険代理店業

前各号に関するコンサルティング業務

前各号に附帯または、関連する一切の業務

所属団体

一般社団法人大阪府宅地建物取引業協会

公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会

URL https://k-koniken.com/
PAGE TOP