【柏原市】戸建買取で知っておきたい築年数との関係性・確定申告とは?

柏原市の戸建買取で必要な家の価値と確定申告

柏原市で戸建買取を行う際に大切なことは、事前に知識を身につけておくことです。何も知識がない状態だと、戸建買取をうまく進めるのが難しい可能性も考えられます。不動産の価値は築年数をはじめ、様々な要因で決まります。また、確定申告や手数料などに関する知識も戸建買取に役立ちます。こちらでは、柏原市で戸建買取を検討する際に知っておきたい、築年数と家の価値・売買時期の関係性、確定申告や手数料の概要などについてご紹介します。

不動産業者に相談!築年数からみた家の価値と売買時期とは?

柏原市で戸建買取を進めるうえで不動産会社などの業者に相談しますが、その前に家の価値を決める条件について把握しておきましょう。まず条件の一つとして、築年数が大きく影響します。しかし、なぜ築年数が関係するのか、具体的な理由をご存じでない方も少なくありません。また、築年数以外にも不動産の価値を決める要因が存在します。築年数以外の要因によっては売買時期が左右されるため、押さえておきましょう。戸建買取において重要な家の価値を決める要件や、売買時期について解説します。

築年数と家の価値

家の価値を決める大きな要件の一つが築年数です。まずは築年数という観点から解説します。

家の価値を左右する築年数

そもそも築年数とは、どのような期間を指しているのでしょうか。築年数は建物が完成した日から起算して、どれほどの年月が経過したのかを年数で示したものです。完成日は登記簿謄本で確認できます。例えば、完成日が2004年7月1日であれば、2021年7月1日時点での築年数は17年となります。

なぜ築年数が経過すると家の価値は下がるのか?

築年数が経過した家ほど価値は下がります。家を含む不動産は、一般的に年数が経つにつれて劣化していきます。雨風や紫外線などの自然現象、材料の耐久性などが劣化の要因です。築年数が経過するほど老朽化が進み、資産としての価値が下がります。このような理由から、築年数が経過した家ほど価値が下がり、売却価格も小さくなる可能性があります。

家の価値は毎年一定額低下するわけではない

戸建買取において、築年数が大きく影響することはイメージできるかと思います。ただし、家の価値は毎年一定額ずつ低下するわけではありません。例えば木造住宅の場合、建物の価値は家が完成してから10年間までの間に一気に下がる傾向があります。10年後には、建物部分の価値が新築時の半分程度になることもあります。築年数が1年違うだけで建物の価値もまったく異なるため、タイミングが大きく影響します。一方、11年目以降の価値下落は比較的なだらかになる傾向があります。一般的に築年数15年の時点で、建物の価値は新築時の3割程度の価値となることが多いです。16年目以降もゆっくりと低下していき、20年を超えたあたりで建物の価値はほぼゼロ近くなります。リフォームなどで価値が回復することもあるため、状況によって異なる点を押さえておきましょう。

築年数以外でみる売買時期

戸建買取における価値を決める要因は、築年数だけではありません。築年数以外の要因や売買時期について解説します。

季節や時期

季節や時期は家の売りやすさに大きく影響する要因です。一般的に年度末である1~3月が売れやすく、2月あたりまでは売却価格や成約率も高い傾向にあります。また、4月などの年度が切り替わる時期は引っ越しをする方が多く、住宅需要も高くなります。需要の高さと引っ越しシーズンという両方を満たすなら、11~2月あたりに戸建買取を検討するのもおすすめです。また、秋も比較的引っ越しが多い時期です。早めに戸建買取を進めたいものの、春はタイミングを逃してしまったのであれば、秋に行うのもよいでしょう。

住宅ローン金利が低い時期

住宅ローン金利の高さも家の売りやすさに大きく影響します。住宅の購入にあたり、大多数の方は住宅ローンを利用しますが、高金利時は不動産購入の需要が下がる傾向にあります。一方、住宅ローンの金利が低いほど利息は少なく、住宅ローンが組みやすくなります。購入希望者にとっては絶好の機会といえます。つまり、金利が低いタイミングは住宅が購入されやすくなる、すなわち住宅が売れやすくなるのです。

必要と感じたらすぐに売る

ライフスタイルを変える大きな出来事が発生し、すぐにでも家を売却しなければならない状況になるケースも少なくありません。利益が大きくなるタイミングばかりを重視しては、その後の生活に悪影響が出る可能性があります。今すぐに家の売却が必要となった場合は、売却価格のことだけにとらわれずに、その時の状況に応じて柔軟に戸建買取の手続きを始めるのもよいでしょう。

株式会社コニケンは柏原市での戸建買取に対応しています。柏原市などの主要エリアで、戸建買取の豊富な実績を持っています。お客様のご要望に沿った不動産サポートをご案内しますので、ぜひご相談ください。

高額取引に向けて確認!確定申告と手数料の概要

戸建買取において忘れてはならない手続きが確定申告です。家の売却によって利益が出た場合、所得税の申告および納税が必要になります。高額取引になりやすい戸建買取だからこそ、確定申告についてしっかり確認しなければなりません。また、戸建買取時にかかる手数料なども把握しておきたいポイントです。戸建買取を進める中で思わぬ事態に陥ってしまう可能性も考えられます。こちらでは、戸建買取に関連する確定申告や雑費について解説します。

押さえておきたい確定申告

戸建買取を実施して利益を得た場合、確定申告を行うことになります。戸建買取の成立時に行う確定申告ですが、どのような手続きなのでしょうか。

確定申告とは?

確定申告は所得税を確定し、税務署に申告する手続きのことです。手順に沿って申告書の作成や必要書類を準備し、期日までに申告書の提出および所得税の納付を行います。戸建買取をした場合、必ずしも確定申告を行わなければいけないとは限りません。仮に戸建買取で赤字になった場合、確定申告の義務は発生しないこともあります。ただし、諸条件によっては確定申告を行うことで、所得税の還付を受けられる可能性があります。そのため、確定申告をしたほうが得をする場合もあるといえるでしょう。確定申告が必要かどうかは事前に確認しておくと安心です。

確定申告は個人でできる?

複雑なイメージのある確定申告は、専門知識を持たない個人でも対応できるのでしょうか。複雑な手続きが多いという印象もありますが、手続きの方法は明確に定められており、情報も比較的簡単に集められます。税務署や税理士による無料相談も受けられるため、個人で進めることも十分可能です。確実性を求めるのであれば、専門家に依頼するのもよいでしょう。確定申告報酬の支払いは必要ですが、手間や不安を解消できる点は大きなメリットといえます。また、個人だと税額が抑えられる特例まで手が回らない場合あるため、税理士に依頼したほうが節税効果は高いです。確定申告は個人で行うのはもちろん、税理士に依頼できるということを覚えておきましょう。

柏原市で戸建買取をご検討の際は、株式会社コニケンへご相談ください。確定申告の進め方など、個人ではなかなか難しい点もサポートいたします。柏原市での戸建買取について、ぜひお問い合わせください。

買取時の手数料とは?

戸建の売却において、手数料が気になる方もいらっしゃるでしょう。実は買取と仲介によって手数料にも違いがあります。

戸建買取で必要な手数料とは?

結論から申し上げると、買取の場合は原則として手数料はほぼかかりません。まず、不動産売買時に発生する仲介手数料ですが、買取だと不要です。仲介のように買主を探して紹介するという手順がなく、不動産会社が直接買主になることが理由です。また、所有権移転登記に関する手数料についても、買主側が負担することになります。ただし、状況に応じて売主側での手続きが必要になる場合も少なくありません。その際、司法書士などの専門家に依頼することがほとんどで、報酬としての手数料が発生します。

主に必要なのは実費

基本的に戸建買取だと手数料はほぼかかりませんが、実費での負担が発生します。例えば、売買契約書に貼付する収入印紙代が必要です。また、各市区町村の役所で申請して印鑑証明を取得します。実印が本人のものであることを証明するための書類であり、取得から3ヶ月以内ものを用意しなければなりません。自治体によって料金は異なっており、柏原市だと1通300円です。

引っ越し費用も忘れずに!

引っ越し費用もきちんと確認しておきましょう。戸建を手放すにあたり、引っ越しすることになります。新居までの距離や運び出す荷物の量などに応じて、引っ越し費用は変わってきます。また、引っ越しする時期によっても、費用が変動する場合があります。戸建買取の手続きばかりに目が行き、引っ越しについて忘れていたというケースもよく見られます。引っ越しには何かとお金が必要になるため、あらかじめ確認することをおすすめします。

柏原市で戸建買取を円滑に進めるなら株式会社コニケンへ

戸建買取は時期によって、売却価格が大きく変わることもあります。築年数が大きく影響するため、売却が必要と感じた際は早めに戸建買取を進めるのがよいでしょう。また、季節や金利率なども売却価格にかかわることは押さえておきたいポイントです。さらに、戸建買取で利益が発生したら確定申告を行います。確定申告が必要なのに漏れてしまうと、延滞税といった新たな出費につながりかねません。その他の諸費用についても理解しておくと安心です。柏原市の戸建買取でお困りのことがあれば、株式会社コニケンまでお問い合わせください。

柏原市で戸建買取をご検討の際は、株式会社コニケンにご相談ください

会社名 株式会社コニケン
住所 〒547-0011 大阪府大阪市平野区長吉出戸7丁目13−2
TEL 06-6704-0052
FAX 06-6704-0053
メール konishi@koniken.co.jp
営業時間 09:00~18:00
代表者 小西 健太
料金の目安 ご相談に関する費用は発生しません。不動産の売買が成立した場合、国土交通大臣の定める報酬額規定による報酬のみいただきます。尚、当社買取の場合、上記仲介手数料は発生いたしません。
免許番号 宅建建物取引業 大阪府知事(2)第59958号
業務内容
  • 不動産の売買、賃貸、仲介及び管理
  • 不動産の買取業
  • 不動産専門分野による業務
  • (任意売却・相続・土地の有効活用・収益不動産・借地権・底地権・所有権持分等)
  • リフォーム工事請負業
  • 損害保険代理店業
  • 前各号に関するコンサルティング業務
  • 前各号に附帯または、関連する一切の業務
所属団体

一般社団法人大阪府宅地建物取引業協会

公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会

概要 大阪府八尾市、柏原市、松原市、平野区を拠点に活動する不動産買取・査定の専門業者です。マンションや土地、築年数の経った中古住宅、相続人のいない空き家など、管理にお困りの不動産をスッキリ手放せますようサポートさせていただきます。株式会社コニケンは、八尾市、柏原市、松原市、平野区をはじめ、大阪府エリアで約1,000件以上の実績と経験があるスタッフが在籍しています。直接買取の場合は仲介手数料無料。査定価格や家具の撤去に関するご相談もお気軽にお問い合わせください。不動産査定・買取の専門業者として、大阪府八尾市、柏原市、松原市、平野区にお住いの皆様にご満足いただける売却プランをご提案させていただきます。大阪府で不動産査定・買取のご依頼は、株式会社コニケンまで。
URL https://k-koniken.com/
PAGE TOP